コリドール CORRIDOR 静岡市の店舗デザイン・店舗設計

カフェを開業したい!広さや席数、レイアウトは?店舗デザインに必要な知識

新しくカフェを開業する際には、坪数などの目安が気になる方もいるでしょう。

カフェの面積や座席の目安について、抑えておきたいポイントや基本的なレイアウトの考え方をご紹介します。回転率や入店率アップにも影響があるため、ぜひ覚えておきましょう。

一般的なカフェの広さと席数

一般的なカフェといっても、5坪ほどの狭い店舗もあれば20坪の店舗もあり、かなり幅があります。一般的なイートインで厨房があるカフェは、10坪を最低限の目安と考えるのが良いでしょう。

お客さんに目が届きやすく、対面式で会話できるようなカフェの広さは、10~15坪が最適と言えます。

ただし、店舗がテイクアウトサービスのみの提供であれば、10坪以下でも十分でしょう。

イートインとテイクアウトサービスのどちらに重点を置くのかも考える必要があります。

カフェの面積から考える内装

カフェの内装を考えるうえで、面積は欠かせない要素です。
ここでは以下の2点に焦点を当て、一般的なレイアウトについて具体的な数字を挙げてご紹介します。

  • 坪数に応じた席数の目安
  • 客席とキッチン・厨房のバランス

坪数に応じた席数の目安

1坪あたりの客席数は、お店のコンセプトにもよりますが、1坪当たり1.2~1.5人が一般的です。

大手チェーン店のカフェの場合は1坪当たり2人以上の店舗もあります。

客席スペースをゆったり確保したいときは、1坪あたりの席数を少なく抑える必要があるでしょう。

また、面積と同様、テイクアウトサービスの有無によっても席数の目安には違いがあります。

席数はお店のコンセプトに影響を受けるだけでなく、回転率や客数に関係するため売上にも大きく影響します。

それだけに、慎重に席数を決定することが大切です。

客席とキッチン・厨房のバランス

全体の面積に対して厨房の比率はなるべく抑え、その分客席をしっかり確保したいと考えがちですが、提供する商品によって必要な設備や調理器具が異なります。

たとえば、基本的に油を使うことのないカフェの場合、厨房面積は他のレストラン等に比べ、狭く抑えることができます。

そのため、厨房は全体の2割程度の広さで良いでしょう。

一方で、揚げ物の提供やメニュー数が多くなってしまいがちで、冷蔵庫も大きなサイズの用意が必要となるようなお店の場合には、厨房に入る人数も考慮してある程度の広さが求められます。

また、厨房は最低限のスペースがどうしても必要になるため、全体の面積があまりにも狭い店舗では、厨房の割合は大きくなります。

軽食程度の提供で油を使用しないカフェの厨房で最低限必要な設備は、作業台、冷蔵庫、冷凍庫、シンク(場合によってはIHも)です。これだけあれば営業は十分でしょう。

ただし、店舗を開店した後に、メニューを増やしたいと考える場合には、キッチンの拡張が必要になってしまうかもしれません。

店舗イメージを考える際には、提供するメニューやコンセプトも踏まえ、キッチンの広さについてもそれらから相談をしていくようにするとスムーズです。

カフェの内装や立地で押さえておきたいポイント


カフェも含め飲食店は店舗内のの配置や立地によって、回転率や入店率アップを考えることも大切です。

回転率や入店率が上がると、狭い面積でもより多くの収益を得ることにつながりますから、以下のようなポイントは意識しておきましょう。

回転率 を上げるために

上でもご紹介した厨房の割合は、その配置次第で回転率を左右します。

厨房の面積があまりにも広いと作業効率が悪くなり、回転率も上がりません。

逆に、席数の確保を優先して厨房が狭くなりすぎると、厨房に入れる人数が限定されたり、動線が確保しづらくなったりと、かえって回転率が悪くなってしまうかもしれません。

また、「居心地が良すぎる」というのも回転率には悪影響です。

例えばフカフカなソファがあるカフェでは、つい長居をしたくなりますが、一方で、席数を確保しようとすると窮屈になり椅子の座り心地は悪くなる傾向にあります。

このように、椅子選びも回転率アップの重要なポイントになります。

さらに、駅から近い場所にお店を構える方が郊外よりも回転率は上がるでしょう。一方で、全体の賃料があがってしまいがちです。

費用とコンセプト、収益の想定に関しては上手にバランスをとっておくことがコツになります。

立地や周辺地域の特徴を考える

それぞれのカフェのコンセプトによって、集客に適した立地は様々です。
回転率アップを狙って駅から近い物件を選ぶ以外にも、様々な工夫ができます。

たとえば 、既にある他の建物や場所にカフェを併設する事例も増えています。

例えば、公園に隣接するカフェやオフィス内に設けられたカフェなどです。

このような「時間を買う」という考え方に着目し、「その場所に来る動機」をカフェの集客に繋げるという戦略を試みるのも効果的でしょう。

また、テイクアウトを積極的に行えば、こうした立地の場合に、席数以上の売上機会が得られることとなるため、カフェの面積にかかわらず収益化を目指せるのもメリットです。

カフェを開業するにあたって

イートインで軽食を提供するカフェは、最低限10坪以上が確保できれば開業が可能です。また、他の飲食店に比べて必要な設備も少なく抑えることができます。

具体的にどのぐらいの費用になるか、こちらの記事でも詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。
店舗の「デザイン料」の相場はどのぐらい?費用差がでる理由について>>

厨房の比率や立地などを工夫して、ご自身の理想に合ったカフェを目指しましょう。

ご紹介したように、椅子の配置や椅子のクッション性といった細かな部分でもじつは集客や回転率に影響があります。

お客様のコンセプト・考えに沿って細かな部分までご提案し、理想的なカフェを実現するお手伝いをさせていただきます。

資料請求はコチラ>>

PAGE TOP